元々はどんな薬?|実はマーベロン28で、ニキビを治すことができます
薬を持っている女性

元々はどんな薬?

手のひらの薬

そもそもマーベロン28が本来どういう薬なのか把握してない人もいるかもしれません。
実はマーベロン28は「低用量ピル」になります。
つまり本来は避妊薬として大活躍しているわけです。

マーベロン28はエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが含まれた女性ホルモン剤です。
低用量ピルは吐き気や血栓症などのリスクを軽減したものになり、普通に避妊するとき以外にも主に生理痛を緩和させるためや、ホルモンバランスを整えるために使うことがあります。
さらには卵巣がんや子宮頸がんといったリスクを軽減する効果もあったりします。
また色々ある低用量ピルのなかでもマーベロン28は全部成分比が同じになっているのですごく使いやすいのが特徴です。
ホルモンの成分比が異なる三相性タイプとは異なって飲む順番を一切気にすることなく飲み続けられるのが最大のメリットです。
ちなみにデソゲストレルと呼ばれる成分が配合されていて、これはプロゲステロンの活性と子宮内膜の活性作用が強く、不正出血が起こりにくくなります。

なぜマーベロン28は低用量ピルなのに、ニキビの治療に使えるのか?
すでに上記でもいっているように、低用量ピルは「ホルモンバランスを整える」効果を持っています。
そして大人ニキビの原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。
つまり避妊薬であるマーベロン28のおかげで、ニキビ治療にも使うことができるという話になります。

もっというと低用量ピルに含まれるエストロゲンがSHBGと呼ばれる性ホルモンと、結合するたんぱく質を増やしていきます。
このたんぱく質がテストステロンと結合することで、ニキビの原因となる血液中にあるテストステロンを減少させて発症を抑えられるわけです。